姫路

  • 印刷
姫路城の登閣口前に設置されるジャンボ門松=姫路市本町
拡大
姫路城の登閣口前に設置されるジャンボ門松=姫路市本町

 世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市)に26日、高さ約5メートルのジャンボ門松が登場した。来城者を出迎える登閣口前に2基設置され、迎春の準備を整えた。

 この日は午前9時から造園業者が作業を始めた。竹をつなぎ合わせた円筒型の土台にクマザサやハボタンを敷き詰め、中心にはクロマツとアカマツをそれぞれ据えた。ナンテンで華やかさを添え、しめ飾りを付けて約2時間で完成。

 年末の連休で訪れた千葉県浦安市の会社員の男性(61)と妻(61)は「全国の日本100名城を巡っているが、やっぱり姫路城はきれいで見どころがあって一番。門松も正月らしくてすてきです」とほほ笑んだ。

 姫路城は29、30日に休城。31日は通常通り開業。元日は午前8時半から無料開放され、2、3日は先着500人に市の公式キャラクター「しろまるひめ」のタオルをプレゼントする。姫路城管理事務所TEL079・285・1146

(井沢泰斗)

姫路の最新