姫路

  • 印刷
「かずちゃん」のすじこんチャンポン焼=姫路市白浜町
拡大
「かずちゃん」のすじこんチャンポン焼=姫路市白浜町

 約10年前、焼きそばと焼きうどんをミックスした「姫路ちゃんぽん焼」が全国放送のテレビ番組で取り上げられ、全国から客が殺到した。「あの盛り上がりをもう一度」と普及活動を続けるお好み焼き店「かずちゃん」(兵庫県姫路市白浜町)が、22~24日、同市本町の大手前公園で開かれる姫路食博2019に出店する。

 ご当地グルメのPRなどに取り組むNPO法人コムサロン21の前川裕司理事長は「発祥の経緯や時期は不明」としつつ、「播磨は調味料の生産者が多く、昔から『味作りのまち』だった。おいしさを追求する中で、一挙両得の食べ方が生まれたのでは」と推測する。

 かずちゃんは約20年前に創業。名物は2種の麺に牛すじとこんにゃく、ジャガイモなど、だしが染みたおでんの具材を加え、お好みソースで味付けした「すじこんチャンポン焼」だ。

 2010年ごろに、全国各地の風変わりな食文化を紹介する番組に取り上げられると、全国から客が殺到。「うどんのもちもち感と焼きそばのこしが同時に味わえてうまい」などと評判を呼んだ。

 数年でブームは去ったが、「数十年前から食べ続けられてきた。もっと多くの人に姫路の食文化を知ってほしい」と店主・百田和子さん(61)。「姫路ちゃんぽん焼食べさせ隊」と自称し、各地のイベントに出店を続ける。

 姫路食博は22~24日午前10時~午後5時。県内各地のご当地グルメや日本酒などが集まる。姫路食文化協会事務局TEL079・224・8803

(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ