姫路

  • 印刷
「まずは一度、ホールに足を運んでほしい」と話す松本光史さん=姫路市
拡大
「まずは一度、ホールに足を運んでほしい」と話す松本光史さん=姫路市

 数々のコンクールで入賞を重ねてきたピアニストの松本光史さん(43)=兵庫県姫路市=が16日、同市総社本町の市民会館でリサイタルを開く。「地元演奏家シリーズ」と銘打った姫路労音の企画の一環。松本さんは「地道だけど良い演奏を提供することで、姫路にクラシック音楽を根付かせたい」と願う。

 神戸市東灘区出身。県立西宮高校音楽科、東京音楽大学ピアノ演奏家コースをいずれも首席で卒業し、同大学院修士課程を修了した。宝塚ベガ音楽コンクール1位、名古屋国際音楽コンクール2位など入賞多数。2011年、結婚を機に姫路へ拠点を移した。

 姫路の演奏環境について松本さんは「東京や大阪に比べ集客が難しく、地元出身の音楽家が出て行ってしまうのが惜しい。無料のロビーコンサートなどは盛況なので需要はあるはず。正当な対価を払って演奏会に来る人が増えれば、より文化的に成熟した街になる」と話す。

 姫路でのリサイタルは3回目。プログラムの前半には、ショパンの「幻想即興曲」や「英雄」、ベートーベンの「月光」など、よく知られた曲を用意した。後半ではラフマニノフの「エレジー」や「鐘」、スクリャービンのソナタ第4番と、19世紀末から20世紀初頭に活躍したロシア人作曲家の曲を奏でる。

 松本さんは「なじみのある有名な曲を入り口にして、徐々に興味を広げてもらえたら。例えば『鐘』は、浅田真央さんが演技で使ったオーケストラ版が知られていますが、元々はピアノ曲。聴き比べるのも楽しいですよ」と話す。

 午後2時開演。一般4千円、高校生以下2千円。姫路労音TEL079・290・5522

(平松正子)

姫路の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ