姫路

  • 印刷
搾りたての新酒と出来栄えを確かめる杜氏の川石光佐さん=姫路市手柄1
拡大
搾りたての新酒と出来栄えを確かめる杜氏の川石光佐さん=姫路市手柄1

 兵庫県姫路市手柄1の灘菊酒造で22日、新酒の初搾りがあった。じっくりと発酵させたもろみを専用の機械で圧搾し、酒蔵にはフルーティーで芳醇な香りが漂った。

 新酒造りは、県内産の酒米「五百万石」を使い、9月下旬にスタート。10月の気温と湿度が高かったため、例年よりやや早く発酵が進んだという。

 この日は、もろみを詰めた酒袋を搾り機のアルミ板の間に挟み込み、重みでゆっくりと搾り出した。新たに空調設備を導入し、杜氏の川石光佐専務(41)は「風味や香りを逃さず、よりフレッシュな状態を保つことができる」と話す。

 「米本来の甘みが出て、程よくすっきりした味わいに仕上がった」と川石専務。26日から同社の直売所と山陽百貨店で販売し、11月2~4日には蔵人が同百貨店で試飲販売会を行う。灘菊酒造TEL079・285・3111

(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ