姫路

  • 印刷
真新しい拝殿で繰り広げられた屋台練り=姫路市飾磨区英賀宮町2(撮影・小林良多)
真新しい拝殿で繰り広げられた屋台練り=姫路市飾磨区英賀宮町2(撮影・小林良多)

 英賀神社(兵庫県姫路市飾磨区英賀宮町2)の秋季例大祭が18日、本宮を迎えた。氏子20地区が集まり、260年ぶりに建て替えられた拝殿で、名物「拝殿練り」が5年ぶりに披露された。

 午前8時から屋台16台と獅子檀尻2台が続々と宮入り。雨が時折強く降るなか、練り子たちは「ヨーイヤサー」と声を張り上げ、観衆が見守る拝殿前まで移動、屋台の差し上げを披露した。その後、それぞれの屋台は神社の左右に据え置かれ、練り子らは雨よけのビニールをかぶせたり屋台を丁寧に拭いたりしていた。

姫路の最新
もっと見る

天気(12月11日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ