姫路

  • 印刷
心を一つにしてリズムをそろえる「ウリカラッ」のメンバー=姫路市城東町、市音楽演劇練習場
心を一つにしてリズムをそろえる「ウリカラッ」のメンバー=姫路市城東町、市音楽演劇練習場

 韓国の伝統楽器を用いた音楽「サムルノリ」の教室「ウリカラッ」が発足10周年を迎え、11月2日午後2時から、兵庫県姫路市増位新町の花の北市民広場で第1回定期演奏会を開く。4種類の打楽器を組み合わせた躍動的なリズムが特長で、メンバーは「民族の文化を通して交流の輪を広げたい」と話す。

 姫路労音内の民族音楽研究会「こまの会」が2005年、同市の姉妹都市である韓国・昌原市の芸能団体「昌原クンドゥルプンムル団」と交流を開始。サムルノリの楽しさに触れ、09年に教室を開いた。13年からは姫路ゆかたまつりのほか、相生市の韓国・朝鮮人無縁仏慰霊祭に毎年出演している。

姫路の最新
もっと見る

天気(5月29日)

  • 27℃
  • 17℃
  • 10%

  • 25℃
  • 11℃
  • 10%

  • 28℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ