姫路

  • 印刷
初練りの勢いが増し、伊達綱が激しく揺れる=姫路市豊富町神谷
拡大
初練りの勢いが増し、伊達綱が激しく揺れる=姫路市豊富町神谷

 兵庫県姫路市豊富町神谷の大歳神社で7日、秋祭りの屋台の完成式があった。地元、黒田地区の20年来の念願がかない、氏子らは鏡開きや初練りで喜びを分かち合った。

 氏子らによると、同神社の屋台はこれまで、他の地域から購入してきたという。「自前で用意したい」という声が強まり、資金を積み立てて3年前に新調。今年の秋祭りを前に、白木の棟に漆を塗り、飾り金具を施して完成した。

 午前11時前、蔵の紅白幕が解かれ、真新しい屋台が境内に姿を現した。農業で栄えた地区らしく、米俵や稲穂がちりばめられた装飾に、集まった住民から「豪華やな」「かっこいい」などの声が上がった。

 式典では、黒田自治会の小西健一会長(69)が「黒田地区の63戸が20年をかけた団結と協力の結晶」と屋台に込めた地元の思いを強調。拍子木に続いて初練りが始まると、威勢のいい「ヨーイヤサー」の掛け声に合わせて拍手が起こった。

 祭典委員長の立花知之さん(32)は「一生に1回の完成式を祭典委員長として体験できるなんて」と笑顔。「地元の皆さんに心から喜んでもらえたようでよかった」と声を弾ませた。(小川 晶)

姫路の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 22℃
  • 18℃
  • 20%

  • 19℃
  • 15℃
  • 60%

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 17℃
  • 20%

お知らせ