姫路

  • 印刷
「新・ムラの生活史2」を編集した香寺町史研究室の会員たち=姫路市香寺町犬飼
「新・ムラの生活史2」を編集した香寺町史研究室の会員たち=姫路市香寺町犬飼

 高齢者が知る村の歴史を後世に伝えようと、兵庫県姫路市香寺町の住民でつくる香寺町史研究室が、「新・ムラの生活史2」を編集した。地域で生活してきた高齢者に記憶をひもといてもらい、地元の神社や古墳の歴史、商工業発展の推移などをまとめた。研究室を主宰する大槻守さん(84)は「町内の高齢者は図書館のような存在。孫やひ孫の世代に歴史を伝えたい」と話す。

 同研究室は1998年に、町史の編集を目的として高校教員だった大槻さんを中心に創設された。2005年に「村の記憶」を発行して以降、町史の編集を続けている。

姫路の最新