姫路

  • 印刷
15周年記念誌の完成を喜ぶ編集スタッフら=姫路市総社本町、市民会館
15周年記念誌の完成を喜ぶ編集スタッフら=姫路市総社本町、市民会館

 兵庫県播磨を中心に各地の史跡をめぐる「はりま風土記の里を歩く会」が15周年を迎え、記念誌「歩いて訪ねて15年-いにしえの播磨の国に想いを寄せて」を発行した。会員らが思い出をつづった文章や論考、詩歌作品を収録。200回を超す風土記ウオークの全記録も掲載しており、楽しく充実した日々をつづっている。(平松正子)

 同会は播磨学研究所の講座で学んだ知識を現地で確認しようと、2004年4月にスタート。会員110人余りが、県内外の風土記ゆかりの地を訪ねてきた。5周年にはガイド本「はりま風土記の里を歩く」を刊行。10周年には「播磨国風土記シンポジウム」を開くなど、節目ごとに研究成果を発表してきた。

姫路の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ