姫路

  • 印刷
力いっぱいの取組を見せた子ども力士たち=姫路市網干区新在家
拡大
力いっぱいの取組を見せた子ども力士たち=姫路市網干区新在家

 子ども力士がぶつかり合う「第26回姫路市少年少女相撲大会」(神戸新聞社など後援)が26日、兵庫県姫路市網干区新在家の網干南公園であった。まわし姿の小学生たちが、激しい土俵際の攻防を繰り広げた。

 市相撲連盟の主催。小学1~6年の男女40人が参加し、団体戦と学年別の個人戦を実施した。4~6年の部は全国大会まで続く「第9回わんぱく相撲姫路場所」(姫路青年会議所主催)も兼ねて行われた。

 子ども力士らは大相撲さながらの真剣な表情で土俵に立ち、低い姿勢の立ち合いを披露。投げ飛ばされそうになっても必死の粘りを見せた。

 小柄な力士が土俵際で相手にしがみつき、形勢逆転で土を付ける場面も。保護者らの応援にも熱が入り、技が決まると拍手と歓声が起こった。

 6年の北爪大和君(12)は3連覇を達成し、「体がよく動いた。県大会でも憧れの千代の富士のような相撲を取り、全国大会を目指す」と意気込んだ。(谷川直生)

姫路の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 70%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 8℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ