姫路

  • 印刷
あやとりを教わる児童ら=姫路市飾磨区今在家3
拡大
あやとりを教わる児童ら=姫路市飾磨区今在家3
あやとりを教わる児童ら=姫路市飾磨区今在家3
拡大
あやとりを教わる児童ら=姫路市飾磨区今在家3

 地域のお年寄りから昔ながらの遊びを教わる教室が10日、兵庫県姫路市飾磨区今在家3の津田小学校で開かれた。1年生108人がけん玉やおはじき、こま回しなどをお年寄り33人と楽しんだ。

 「津田校区老人クラブ連合会」が開いた。核家族化が進み、昔の遊びを知らない子どもたちに楽しさを伝えようと毎年続けている。

 児童たちはクラスごとに教室に移動し、お手玉や輪投げ、だるま落としなど計9種類の遊びを順番に体験。あやとりでは指に毛糸の紐を絡ませながら「東京タワー」や「富士山」の形に挑戦し、完成するとうれしそうにお年寄りと見せ合った。

 体育館では羽根突きで勝負したり、ストローと牛乳パックで作った「ストロートンボ」を飛ばしたりして遊んだ。女児(7)は「羽子板は初めてだったけど楽しかった。家でもやりたい」と笑顔で話した。(地道優樹)

姫路の最新
もっと見る

天気(3月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ