阪神

  • 印刷
ボタンを押すときなどに代替できる「ヒバタッチ」=尼崎市次屋
拡大
ボタンを押すときなどに代替できる「ヒバタッチ」=尼崎市次屋
子どもらの興味を誘う動物のデザイン=尼崎市次屋
拡大
子どもらの興味を誘う動物のデザイン=尼崎市次屋

 国内外で流行する新型コロナウイルスの感染を予防するため、物への直接的な接触を避けつつ、ボタン操作などができる鉄製商品を兵庫県尼崎市次屋の鉄工所「ヒロセエンジニアリング」が開発した。手のひらサイズで携行しやすく、デザインはかわいらしい動物柄。先端などを使ってドアの開閉やボタンの操作などができ、子どもを中心に人気を集めている。(風斗雅博)

 商品名は「ヒバタッチ」。同社広報の中塩屋祥子さん(44)が、外出先で目に付くさまざまな物に触れようとする小学1年の長男を心配して考案した。

 デザインはサルとネコの2種類で、縦横10センチ前後。鉄の端材をプラズマ加工機で形成して磨いた後、手になじみやすくなるよう市内の別の工場でメッキ加工を施している。

 製品の先端部分などを開き戸やつり革に引っかけたり、エレベーターのボタンなどを押したりして活用する。付属する導電スポンジリングで触れると、現金自動預払機(ATM)やタブレット端末のタッチパネルも操作できる。

 愛らしい見た目や優れた携行性から、子どもや孫に向けて購入する人も多いという。販売を始めた4月下旬からこれまでに2千個以上が売れた。中塩屋さんは「遊び心を持ちながら感染への不安を解消してもらえたら」と話している。

 税抜きで1個1300円。同社のブランド「HIBANAS(ヒバナス)」のホームページで販売している。来店でも受け付けるが、事前に予約の電話が必要。ヒロセエンジニアリングTEL06・6498・2318

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ