阪神

  • 印刷
声楽スクールの先生らと抱き合って喜ぶ合格者=宝塚市武庫川町
拡大
声楽スクールの先生らと抱き合って喜ぶ合格者=宝塚市武庫川町

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市武庫川町)は27日、第108期生の合格者をホームページ上で発表した。同日開かれる入学説明会に出席するため、21・3倍の難関を突破した40人はマスク姿で来校。普段とは異なる雰囲気の中でも、あこがれのタカラジェンヌへの道を思って目を輝かせた。

 例年は、在校生が「発表いたします!」と声を張り、合格者番号を記したボードを開く。集まった受験生が喜び、また涙を流す風景は春の風物詩とも言えるが、今年は各自がスマホなどで受験番号を確認。合格者は時折、雨が強まる中、保護者らと傘を差しながら学校を訪れた。

 「5分くらい(ホームページに)つながらなくて、どきどきした」と京都市右京区の中学3年の女子生徒(15)。初めての受験で合格を勝ち取り「飛び上がるくらいうれしい。新しい人生が始まると思うとわくわくする」と喜んだ。

 甲府市の高校1年の女子生徒(16)は「掲示板の発表にはあこがれがあったけれど、試験が行えたこと自体がうれしい」とし、「品のある男役さんになりたい」と力強く語った。

 4県を除く43都道府県と海外から852人が受験。兵庫県からは114人が挑戦し、丹波篠山市の高校1年の女子生徒(16)ら3人が合格した。(中川 恵、久保田麻依子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ