阪神

  • 印刷
三田市は市内で感染者が確認され、幼稚園を休園に。教諭が卒園を控えた年長のクラスの部屋を掃除していた=三田市西山1、三田幼稚園
拡大
三田市は市内で感染者が確認され、幼稚園を休園に。教諭が卒園を控えた年長のクラスの部屋を掃除していた=三田市西山1、三田幼稚園
芦屋市が貸室を閉鎖した芦屋市民センター。受け付けには市民が訪れ、変更などを申請していた=芦屋市業平町
拡大
芦屋市が貸室を閉鎖した芦屋市民センター。受け付けには市民が訪れ、変更などを申請していた=芦屋市業平町
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染が、兵庫県の阪神間7市1町(三田市含む)で相次いでいる。1日に県内初の感染者が西宮市で確認されると13日夕には21人(死者1人)となり、県内46人の4割強を占めるまでに急増。これまでに見えてきた主な感染ルートは、高齢者、現役世代、子どもが集まる5カ所の密閉空間だ。小規模ながら「クラスター」と呼ばれる感染者集団となって広がった可能性が浮かび上がる。(小林伸哉)

■介護施設

 「予防は徹底していたのに…」。伊丹市西野3の介護施設「グリーンアルス伊丹」の従業員が漏らした。

 施設では2月22日から入所者の外泊、外出、面会を制限するなど対策を強化する中、3月7日に初めて利用者の感染が確認された。

 8日には室内を消毒し、9日にはデイケア事業を休止。だが、12日までに施設に絡む感染者は次々に増えて10人を超える。高齢者は重症化しやすく、80代の数人が人工呼吸器を要して予断を許さない状況という。

 施設で最も早い発症時期は2月28日で、対策する前に外部に広がった可能性もある。男性介護士の感染が確認されると、同居の女性にも陽性反応が示された。女性が働く尼崎市内の介護事業所は現時点で感染者はいない。

■子ども施設

 もう一つが、神戸市東灘区の認定こども園「聖ニコラス天使園」。勤務する芦屋市の20代女性と60代父親の感染が11日に判明し、12日には、勤務する宝塚市の50代女性も加わった。

 同園に関連した感染者は市外を含めて7人に上り、神戸市は「クラスターの可能性が濃厚ではないか」との見解を示した。厚生労働省は働く人を支援する観点から保育所やこども園を休校の対象外としてきたが、同園は10日から休園になっている。

■ライブハウス

 関西で早い時点で確認されたクラスターが現役世代が集まるライブハウスだ。阪神間、三田市で4人の感染者が大阪市の北区、都島区、中央区の3会場を2月15~21日に訪れ、同月23~28日から症状が出ていた。

 厚生労働省によると、新型コロナは「広がりやすい場所や環境」があるのが特徴とみられる。中でも【1】換気の悪い密閉空間 【2】人が密集している 【3】近距離で会話する-を満たすとクラスターを生む恐れがあるとして、市民には近づかないよう求めている。

 健康な子どもや若者は比較的軽症なことが多く、無症状の患者からうつる恐れもあるとして、各自治体はライブ参加者に対し、帰国者・接触者相談センターへの相談を呼び掛けている。

阪神の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ