阪神

  • 印刷
支援制度を説明する西宮商工会議所の元辻昌典・中小企業相談所長=西宮市櫨塚町
拡大
支援制度を説明する西宮商工会議所の元辻昌典・中小企業相談所長=西宮市櫨塚町

 新型コロナウイルス感染症の広がりを受け、経営に苦しむ兵庫県西宮市内の小規模事業者から、西宮商工会議所への相談が急増している。2月は1カ月間で3件だったのが、3月は9日午前の時点で64件と、すでに20倍。外出する人が減り、催しの自粛が長期化した上、阪神間の大学卒業式中止などで、春の稼ぎ時が失われたのが要因とみられる。西宮商議所と同市は13日、市内事業者向けの緊急経営相談会を開く。

 西宮商議所は1月29日から経営相談窓口を開設。1月中の相談はなく、2月も少なかったが、今月1日に地元の西宮市で県内初の感染者が確認され、一気に相談が増えた。

 同商議所によると、飲食店の相談が最も多く「3月以降の宴会予約がキャンセルされた」などが23件。市内の関西学院大や神戸女学院大などの卒業式が中止され、周辺の美容、理容、エステの7業者から「通常3月は予約でいっぱいだが、着付けも含めて全てキャンセル」「3月の売上見通しは例年の3分の1から5分の1」との相談があった。学校行事の写真撮影を担うカメラマンからも「仕事がなくなった」との嘆きの声が寄せられたという。

 甲子園球場(同市)で19日開幕予定の選抜高校野球大会は無観客試合で準備されている。近くの旅館や飲食店から売上減を懸念する声が上がっており、西宮商議所は国や県による各種支援制度の申請などを後押しする。同商議所の元辻昌典・中小企業相談所長は「資金繰りは切迫しており、補助金の拡充や早期の支給が必要だ」と語る。

 金融機関やハローワーク西宮の職員も加わり、ワンストップで資金繰りや雇用調整助成金などの相談に乗る緊急経営相談会は13日午前10時~午後5時、西宮商工会館(西宮市櫨塚町)で開催。無料。事前申し込みが望ましい。電話や対面での相談は平日に毎日実施中。西宮商議所TEL0798・33・1258

(小林伸哉)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ