阪神

  • 印刷
子育て総合センターの入口に掲示されている臨時休館の案内=西宮市津田町
拡大
子育て総合センターの入口に掲示されている臨時休館の案内=西宮市津田町
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、未就学児の親子が集う自治体の子育て支援施設や、民間のキッズスペースが軒並み休止している。兵庫県の阪神間の施設もほぼ全てが閉鎖。子育てのささいな悩みを相談したり、生活情報を共有したりする重要な拠点だけに、保育園などに預けていない主婦や育休中の母親を中心に「どこで遊ばせたらいいのか」と不安が広がっている。(久保田麻依子、中川 恵)

 阪神間の6市1町には、「子育て総合センター」(西宮市)や「プレイルーム」(川西市)などの名称で親子が集う常設の施設があるが、2月末ごろから順次休止した。

 2歳の長男がいる芦屋市の主婦(30)は、普段から参加していた子育てセンター主催の「つどいのひろば むくむく」などが中止になり「家の中だと子どもが全力で遊べないし、公園は寒く、雨が降ったら行けない」と困惑する。

 休止期間は宝塚市は15日、尼崎市と芦屋市は31日、西宮市は4月6日までなどとしているが、いずれも「感染終息の見通しが立つまでは未確定」とする。子育ての電話相談や、尼崎市の「つどいの広場」での一時預かり事業(リフレッシュ目的を除く)は、利用可能という。

 商業施設などに併設する民間のキッズパークも休業が相次ぐ。大阪(伊丹)空港ターミナルビル内にある室内遊具施設「ボーネルンド あそびのせかい」は、13日まで臨時休業。施設を運営するボーネルンド(東京)は「不特定多数の人が触る遊具もあり、何かあっては困る」と説明する。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

阪神の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ