阪神

  • 印刷
企業広告用にお菓子で作った絵を手にするイトウユカさん=芦屋市茶屋之町
拡大
企業広告用にお菓子で作った絵を手にするイトウユカさん=芦屋市茶屋之町
刺しゅう作家(右)が作ったフクロウをクッキーで作ったお菓子作品
拡大
刺しゅう作家(右)が作ったフクロウをクッキーで作ったお菓子作品
金太郎あめのように作るアイスボックスクッキー。LINEスタンプにもなった
拡大
金太郎あめのように作るアイスボックスクッキー。LINEスタンプにもなった

 兵庫県芦屋市在住で、お菓子を使って絵を描く作家、イトウユカさん(41)のアトリエ兼店舗「efuca.(エフカ)」(芦屋市茶屋之町)がオープンから10周年を迎え、特別展が開かれている。企業広告として、お菓子を使ってデザインした原画ならぬ「原菓」作品などが店内に並ぶ。(風斗雅博)

 イトウさんは神戸市北区出身。ケーキ店やキャンドル教室で働いた後、2009年に川崎市で「エフカ」を開店し、12年に芦屋市に移り住んだ。全てお菓子で作った絵本「さがそ! おかしのくに」は国内外で評判を呼んでいる。

 店内には、神戸市西区の商業施設「プレンティ」や大阪府吹田市の大型複合施設「エキスポシティ」の広告として、お菓子を使って描いた縦横50センチ以上の大きな絵が並ぶ。

 また、デザイナーや作家との共同作品もあり、傘の実物にラングドシャで雨の滴などを表現するなど、色鮮やかな作風が目を引く。イトウさんは「質感や立体感を楽しんでほしい。これからも子どもの頃の空想をお菓子で表現していきたい」と話している。

 エフカでの一般公開は、7~8日と13~15日の午前10時~午後6時。一部のお菓子は販売もされる。製菓教室も随時開催している。エフカTEL0797・31・2023

阪神の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ