阪神

  • 印刷
動画一覧へ
ラグビーW杯を終え、中川智子宝塚市長から花束を受け取る徳永祥尭選手=同市役所
拡大
ラグビーW杯を終え、中川智子宝塚市長から花束を受け取る徳永祥尭選手=同市役所

 日本代表チームが史上初のベスト8に進み、国内を沸かせたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表に選ばれた兵庫県宝塚市出身の徳永祥尭選手(東芝)が18日、宝塚市役所に中川智子市長を訪ねた。試合の出場機会はなかったが、給水係でチームの快進撃を支え、「人間として成長させてもらったW杯だった」と振り返った。(小谷千穂)

 市立良元小学校、宝塚第一中学校に通い、小学1年から中学3年まで「宝塚ラグビースクール」に所属。同県西宮市の関西学院高等部に進み、関西学院大学では関西学生リーグでの優勝に尽力。現在は東芝でプレーする。

 W杯では代表が次々と強豪国に勝利し、徳永選手はグラウンドで水のボトルを配りながら首脳陣の指示を伝える「ウオーターボーイ(給水係)」で貢献。選手やメディアが「冷静で的確な声掛け」と絶賛した。

 市役所で職員の拍手に出迎えられた徳永選手。中川市長に「チーム全体、国民全体で盛り上げて結果をつかめた」と語り、給水係を務めた経験を「特別な経験ができた。支える側の大切さを知り、トップリーグで試合に出た時、出られない人の分も頑張りたいと思うようになった」と話した。

 また、宝塚のスクールは「ラグビーの楽しさを教えてくれた」と感謝し、武庫川河川敷で練習を終えた後、小石の上をはだしで走り回った思い出を語った。「バランス感覚が磨かれたのかも」と笑い、市内の子どもたちに「ラグビーの良さを伝えたい」と誓っていた。

阪神の最新
もっと見る

天気(12月8日)

  • 12℃
  • 7℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 50%

  • 13℃
  • 5℃
  • 0%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ