阪神

  • 印刷
調査エリアの中心となる川西能勢口駅=川西市栄町
拡大
調査エリアの中心となる川西能勢口駅=川西市栄町

 兵庫県川西市の阪急・能勢電鉄川西能勢口駅周辺で、市民らが通行人の数や動きなどを調べる「川西まちなか観察会」が11月17、18日に開かれる。これまでのアルバイトに代わって、まちづくりに興味のある人らが調査を担うことで、相互交流や活動のヒントを得るきっかけにしてもらう。地元商工業者らでつくる市中心市街地活性化協議会と市が参加者を募っている。

 同協議会などは、恒常的なにぎわいの創出を目指し、2010年度から同駅周辺の歩行者や自転車の通行量などを調べている。活性化に協力してくれる人らを増やす狙いもあり、広く参加できるイベントに改変した。

 参加者は「まちなかウォッチャー」となり、同駅周辺の10地点で通行人を数えるほか、うち数地点で「座ってみたくなったか」など、街で感じたことをアンケートで聞く。駅前デッキを歩いている人の道筋や、立っている人と座っている人の場所を地図に落とし込む作業もある。後日、参加者を対象にした調査結果の報告会が開かれる予定。

 3時間以上の参加が条件で、小学生以下は保護者が同伴する。薄謝がある。市外からの参加も受け付ける。希望者は、氏名▽電話番号▽メールアドレス▽参加できる日と時間帯▽意気込み-を記し、同協議会にメール(kawanishi-kyougikai@eos.ocn.ne.jp)かファクス(072・744・7113)、郵送(〒666-0014 川西市小戸1の5の2 KSKビル5階)で申し込む。同協議会TEL072・744・7112

(伊丹昭史)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ