阪神

  • 印刷
迫力ある踊りを披露する琉鼓会のメンバー=尼崎市戸ノ内町(撮影・伊丹昭史)
迫力ある踊りを披露する琉鼓会のメンバー=尼崎市戸ノ内町(撮影・伊丹昭史)

 沖縄の伝統芸能エイサーを踊りながら町を練り歩く「道ジュネー」が14日夜、兵庫県尼崎市戸ノ内町であった。赤や紫の頭巾やはんてんに身を包んだ男女が、大きな太鼓の音と音楽に合わせて息ぴったりの踊りを披露。地域の人たちは沿道でスマホを構えたり、集団の後に続いたりしながら“熱い”夜を楽しんだ。

 同町には沖縄出身者が多く住んでおり、同町の若手らでつくる舞踊グループ「琉鼓会」が、旧盆の時期に合わせて1993年から毎年続ける。

阪神の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ