阪神

  • 印刷
真っ白な花をつけたサギソウ=宝塚市玉瀬
拡大
真っ白な花をつけたサギソウ=宝塚市玉瀬

 兵庫県内で希少種とされるサギソウが、同県宝塚市北部の丸山湿原で開花している。湿地の小川沿いなどに純白の花びらが映え、訪れる人の目を楽しませている。

 ラン科の多年草で、日当たりの良い湿原で自生する。花はシラサギが翼を広げたような形に咲き、直径3センチ程度。県のレッドデータブックでは、絶滅の恐れが増大しているBランクに指定されている。

 毎年開花数を調査している市民団体「丸山湿原群保全の会」によると、今年は7月下旬から開花。湿地帯は植生保護で立ち入り禁止のため、同団体の今住悦昌代表(58)は「間近では見られないので双眼鏡などを持参してほしい」と呼び掛けている。花は8月末まで楽しめるという。(風斗雅博)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ