阪神

  • 印刷
演奏会に向け集中練習に取り組む団員ら=神戸市灘区、灘区民ホール
拡大
演奏会に向け集中練習に取り組む団員ら=神戸市灘区、灘区民ホール

 西宮市少年少女合奏団の第48回定期演奏会(神戸新聞社など後援)が17日午後2時から、兵庫県立芸術文化センター(同県西宮市高松町)で開かれる。年に1度の大舞台に向け、団員らは夏休み返上で仕上げの集中練習に取り組んでいる。

 同合奏団は1972年に発足。国内での定期演奏会をはじめ、ドイツや米国など海外での活動も精力的に行っている。現在は西宮、宝塚、神戸市などに住む小学4年~大学4年の男女17人が在籍。月3回、西宮市立瓦木公民館で活動する。

 今回は団員や卒団生など約25人が、バイオリンやチェロなどで、モーツァルトやビバルディなど6曲を演奏する。団員らは本番を前に、14日から神戸市灘区のホールで集中練習に入った。作曲者の意図をよりくみとった演奏を目指し、「もっとおだやかに」「ここはアクセントを」などと助言を受けながら、何度も音色を確認している。

 チェロをひく六甲学院高3年の男子生徒(17)は「独奏の部分で自分の音が出せるように頑張りたい」と意気込んでいた。

 演奏会は無料。(山本 晃)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ