阪神

  • 印刷
60年以上デザインが変わらない市立西宮高校の制服を着たリカちゃん((C)TOMY)=サラト提供
拡大
60年以上デザインが変わらない市立西宮高校の制服を着たリカちゃん((C)TOMY)=サラト提供

 市立西宮高校(兵庫県西宮市高座町)の女子生徒の制服に身を包んだ着せ替え人形「リカちゃん人形」の製作が決まった。同校が来年2020年に創立100周年を迎えるのを記念し、同窓会「松柏会」が企画した。今月から購入希望者の受け付けが始まった。

 同校の女子生徒は、甲子園球場で開かれる夏の全国高校野球選手権大会の開会式で、制服姿でプラカードを持ち、出場チームを先導することでも知られる。

 制服のリカちゃん人形は、タカラトミー(東京都)が特注品として手掛け、兵庫県姫路市の同窓会活動サポート会社「サラト」が全国の同窓会向けに販売する。県内では長田高校(神戸市長田区)、賢明女子学院中学・高校(姫路市本町)に続いて3校目の製作という。

 松柏会の岡本博副会長(65)によると、開会式の際にかぶる帽子やプラカードの再現も考えたが、学内の選考で漏れ、悔しい思いをした生徒の思いをくみ、デザインは制服のみとした。卒業生からスカートの折り目や丈などに細かく要望があり、約1年間試作を重ねた。岡本さんは「冬服の四つの金ボタンもこだわって再現した」と話す。

 夏服に冬服ジャケットなどが付いて6980円(税込み)。購入の予約は11月末までで、発送は来年6月末を予定する。申し込みはサラト(TEL0120・982・412)まで(平日のみ、今月10~18日は休み)。(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 26℃
  • 16℃
  • 20%

  • 26℃
  • 18℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 30%

お知らせ