阪神

  • 印刷
全国高校総体の開幕を前に、稲村和美尼崎市長(左)に意気込みを語った報徳学園高校の西原貴翔さん(中央)と弟の貴瑛さん=尼崎市役所
拡大
全国高校総体の開幕を前に、稲村和美尼崎市長(左)に意気込みを語った報徳学園高校の西原貴翔さん(中央)と弟の貴瑛さん=尼崎市役所

 7月26日に那覇市で開幕する全国高校総合体育大会(インターハイ)相撲競技大会で個人戦への出場を決めた報徳学園高校2年の西原貴翔さん(16)=兵庫県尼崎市=が18日、同市役所で稲村和美市長を表敬訪問した。インターハイでは団体戦にも出場する予定。西原さんは「チャレンジ精神で、できるだけ上に進む」と健闘を誓った。(大盛周平)

 県総体団体戦で一緒に優勝に貢献した、同じ報徳高1年の弟貴瑛さん(15)と市役所を訪れた西原さん。旧梅香小学校5年時から市内の道場「創芯道」に通い、腕を磨いた。報徳高に入ってさらに力をつけ、今は角界入りを目標に稽古に励んでいる。

 西原さんは現在身長178センチ、体重125キロ。稲村市長は西原さんと小学生時代に一緒に撮ったという写真を見て「大きくなって!」と成長に目を丸くしつつ「けがなく全力を出し切ってきてください」とエールを送った。

 西原さんは6月の県高校総体で優勝。2年生ながら伸長が著しく、個人戦で初めての全国切符を得た。「3年生もいて格上ばかりだが、勝つ気でいく」と得意の突き押し相撲で活躍を期す。一方、団体戦で初のインターハイに挑む貴瑛さんも「3年生を引退させたくない。団体で決勝トーナメントにいきたい」と力を込めた。

阪神の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ