阪神

  • 印刷
全国大会出場を前に、気勢を上げる「安倉里ノ坊キングス」の選手ら=宝塚市役所
拡大
全国大会出場を前に、気勢を上げる「安倉里ノ坊キングス」の選手ら=宝塚市役所

 兵庫県宝塚市の小学生軟式野球チーム「安倉里ノ坊キングス」が8日、同市役所を訪れ、2年連続での全国大会出場を中川智子市長に報告した。6年生が2人しかいない中での活躍で、岡部飛雄馬主将(11)は「全国制覇をしたい」とさらなる闘志を燃やした。

 チームは1~6年の約30人が所属。5月に行われた高野山旗学童軟式野球トーナメント県予選大会で県内各地区の代表12チームで戦い、得意のバッティングで準優勝に輝いた。

 中川市長とは4~6年の11人が面会。中川市長は本大会の連続出場に「練習のたまものですね」と祝福し、「楽しく思い切り戦ってきて」と励ました。練習内容を聞かれた選手らは「素振りを1週間で2千回する」「走り込みでは、年下も頑張って上級生についていく」などと答えていた。

 高野山旗全国学童軟式野球大会は今月26~30日に和歌山県である。岡部主将は「持ち味の明るさを出して頑張りたい」と話した。(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ