阪神

  • 印刷
関西学院大学の学生らが「漠然とした福島への風評被害を防ぎたい」と企画し、同大の食堂で提供が始まった福島県産米を使用した鶏と梅干しの茶漬け(右)と豚カツ茶漬け=西宮市上ケ原一番町、関西学院大学
拡大
関西学院大学の学生らが「漠然とした福島への風評被害を防ぎたい」と企画し、同大の食堂で提供が始まった福島県産米を使用した鶏と梅干しの茶漬け(右)と豚カツ茶漬け=西宮市上ケ原一番町、関西学院大学

 「福島の今」を食べて知ってほしい-。関西学院大学西宮上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市上ケ原一番町)の食堂で8日、東日本大震災で被災した福島県で収穫された米を使った限定メニューの提供が始まった。カレーやお茶漬けなど9種類が用意され、19日まで日替わりで5種類が楽しめる。

 昨年秋に特別授業「福島から原発を考える」を受講した経済学部3年の馬欠場将太さん(20)ら有志の学生7人が、福島産米のおいしさと安全性を伝えようと企画。福島県のほか、大阪市の米問屋が協力し、米は柔らかい口当たりのよさが特長の福島県昭和村産の「ひとめぼれ」が選ばれた。

 梅干しやトマトなどを使ったお茶漬けは数種類を考案。米の味をそのまま楽しんでもらおうと学生が食材を考えた。「冷たくてヘルシーなので夏にぴったり」と馬欠場さんは話す。

 福島を訪れた法学部3年坂東寿彦さん(20)は「今も風評被害に苦しむ福島の現状を身近な米から知ってほしい」と思いを込める。

 鶏肉と夏野菜のカレーは税込み432円、お茶漬けは同345円から。食堂「BIG PAPA(ビッグ・パパ)」(午前10時15分~午後2時30分)と「BIG MAMA(ビッグ・ママ)」(午前11時30分~午後7時)で平日のみ提供される。関西学院大学生活協同組合TEL0798・53・5661

(名倉あかり)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ