阪神

  • 印刷
いのまたむつみさんが手がけたキャラクターの原画が並ぶ企画展=宝塚市武庫川町
拡大
いのまたむつみさんが手がけたキャラクターの原画が並ぶ企画展=宝塚市武庫川町

 小説の挿絵や人気ゲームのキャラクターデザインを手がけるイラストレーター、いのまたむつみさんの企画展が、宝塚市立手塚治虫記念館(兵庫県宝塚市武庫川町)で開かれている。ゲーム「テイルズ オブ」シリーズに登場するキャラの原画など、みずみずしい色彩で描かれた約100点が並ぶ。9月1日まで。

 いのまたさんのデビュー40周年を記念し、同館が企画した。神奈川県出身でアニメーターや漫画家を経験した後、独立。きゃしゃで色っぽい画風が特徴で、小説「宇宙皇子」シリーズの挿絵で注目を浴び、アニメ「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」や「テイルズ オブ」シリーズ、アニメ「プラレス3四郎」のキャラデザインを手がけて人気を高めた。

 会場では作品の制作時期に沿って、ドラゴンや剣士、女の子が繊細で動きのある線の水彩画で紹介される。先月亡くなった作家田辺聖子さんが書いた小説の挿絵や、手塚治虫の「リボンの騎士」とのコラボイラストもある。

 いのまたさんは「幼い頃から好きな手塚作品には知らず知らず影響を受けてきた。展示はとても光栄」とコメント。来場者に「『描いて楽しい』と思う気持ちを作品から感じてほしい」と呼び掛けている。

 午前9時半~午後5時。7月10日は休み。同14日午後2~4時、いのまたさんのサイン会がある。大人700円、中高生300円、小学生100円。同館TEL0797・81・2970

(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ