阪神

  • 印刷
色鮮やかな文具や雑貨が並ぶ会場=芦屋市精道町
拡大
色鮮やかな文具や雑貨が並ぶ会場=芦屋市精道町

 所狭しとお化けを描いたクリアファイル、糸がランダムに縫い付けられたかばん-。個性的なデザインの文具や雑貨など約100点が並ぶ展示販売会「Petit Pinceau(ぷちぱんそー)の春が来た」が14日、兵庫県芦屋市精道町のギャラリーPaw(ポゥ)で始まった。18日まで。

 ぷちぱんそーは、神戸市灘区で就労継続支援B型の福祉事業所などを運営する一般財団法人カナウのブランド。障害のある人が描いた絵などを元に、2016年からプロの作家がデザインを起こすなどして商品化している。

 20代の男性は刺しゅうを手がけており、その縁を染織造形作家の岡みちこさん(61)がミシンで縫ってブローチに仕立てた。別の20代の男性が描いた絵はデザイン化され、スカーフやがま口ポーチにあしらわれた。

 今回の新作は、プラスチックの袋の模様をフェルトに転写し、その生地を使ったパスケースやブローチ。岡さんは「私たち作家も彼らから刺激を受け、得るものが多い」と話す。

 正午~午後6時半(18日は同5時まで)。16、17日は不思議な絵「マジックスクリーン」を作るワークショップがある。30分程度、500円。予約した人を優先して受け付ける。ギャラリーPawTEL0797・32・1791

(中川 恵)

阪神の最新
もっと見る

天気(3月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ