阪神

  • 印刷
練習中に川から高齢女性を救出し、のじぎく賞を受けた武庫川女子大学カヌー部の(左から)西分友貴子さん、足立花笑さん、阿部寧華さん=兵庫県警尼崎南署
拡大
練習中に川から高齢女性を救出し、のじぎく賞を受けた武庫川女子大学カヌー部の(左から)西分友貴子さん、足立花笑さん、阿部寧華さん=兵庫県警尼崎南署

 武庫川に入水し、動けなくなっていた80代の女性を救助したとして、兵庫県警尼崎南署は14日、武庫川女子大学カヌー部に所属する4年西分友貴子さん(22)と3年足立花笑さん(20)、2年阿部寧華さん(20)に県の善行賞「のじぎく賞」を贈った。

 3人は2月21日午後0時半ごろ、尼崎市の武庫川下流、南武橋近くでそれぞれ一人用カヌーに乗って練習中、「わー」という女性の声を聞いた。気になった阿部さんが橋の下で、体が水につかりながら工事用の鉄板につかまる女性を見つけた。近づくと女性は「助けて」と震えていたという。

 川の深さは約1メートル。阿部さんは先輩2人を呼び、3人はカヌーから降りて歩いて女性の元にたどりついた。足立さんが「私が背負います」と運び役を買って出て、西分さんはカヌーで岸に向かい、工事現場の作業員に救急車と警察を呼ぶよう頼んだ。

 「寒かったからか(女性は)強い力でしがみついてくれた」と足立さん。女性を担いだまま、作業員が川に差し入れた脚立を伝って陸に上がった。

 同署によると、女性は自ら川に入ったといい、救助後は病院に搬送されたが無事だったという。

 武庫川女子大学カヌー部は、全日本学生選手権で7連覇中の強豪チーム。西分さんは「水の怖さは普段からよく知っているので素早く動けた。特別なことをしたという実感はない。今後も川で困っている人がいたら役に立ちたい」と話していた。(小谷千穂)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ