防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
パンの缶詰→「エッグベネディクト」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
拡大
パンの缶詰→「エッグベネディクト」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
カンパン→「黒ごまクッキーアイス」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
拡大
カンパン→「黒ごまクッキーアイス」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
アルファ化米→「リゾット」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
拡大
アルファ化米→「リゾット」=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
アルファ化米に牛乳を注ぐ料理長の大谷隆史さん=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑
拡大
アルファ化米に牛乳を注ぐ料理長の大谷隆史さん=西宮市高松町、洋食とワインのお店 土筆苑

 かたい、パサパサ、おいしくない。マイナスイメージがつきまとい、いつの間にか賞味期限切れ…ということも少なくない、非常食。そんな不遇の防災グッズをアレンジし「お店の味」に生まれ変わらせるサービスを、兵庫県西宮市の洋食店「洋食とワインのお店 土筆(つくし)苑(えん)」が行っている。その名も「非常洋食」。そこには、非常食をおいしく食べる機会をつくり、防災バッグの点検や準備につなげてほしい、と願うシェフの思いがこもる。(萩原 真)

 ビストロとして1973年、西宮北口にオープンし、ラウンジに姿を変えつつ地元の名士らに愛された同店。近くに大型モールが進出し、若い子育て世帯が増えるなどまちの様相が変わり始めたのを機に、2011年、非常洋食を発案した大谷隆史さん(41)を迎え洋食店として再出発した。今や行列のできる人気店だ。

 東京出身の大谷さんは東京、大阪の有名店に勤め、熊本市で1年間、農業も経験。そのころ東日本大震災が起き、16年には熊本地震もあった。身近な人の被災が相次ぎ、福島へ炊き出しに出向いたり、食料品を送ったりしたものの、「元気づけたくても、被災したことのない自分には言葉が見つからなくて」。いつもモヤモヤが残った。

 「災害後にできることは少ない。ならば起きる前に何かできたら」と考えるようになり、「期限間近の非常食を無理に食べている」という客の言葉からアイデアが浮かんだ。ただ昨年7月に始めたが、利用はまだ10組程度。非常食を備える家庭がそもそも少ないことが分かった。最近の非常食はおいしく、種類も増えており、そんな進化を「まず知るきっかけにしてほしい」と期待する。

     ◇

 記者もアレンジをお願いすることに。実は、期限が2月に迫りながら完全に存在を忘れていた「アルファ化米」を自宅で“発見”した。まず、パッケージに記載された作り方を大谷さんと一緒に読む。いざというときに慌てないためだ。水やお湯で戻して食べられるが、水だと60分かかると初めて知った。

 今回は温めた牛乳で戻し、土筆苑特製のいかすみカレーやチーズを混ぜてリゾットにするという。ややかたい食感のコメが、むしろリゾットには適しているといい、何ともうれしい誤算。パンの缶詰は、ハンバーグを添え「エッグベネディクト」に、そのままだとのみ込みづらいカンパンは、コーヒーと蜂蜜を染み込ませてやわらかくして「黒ごまクッキーアイス」になった。

 完成した品はどれも、見た目も味も非常食の面影すらない「プロの洋食」。これまで利用した人たちが「非常食はまずいというイメージがあったが、予想以上においしかった」「非常食を捨ててしまうのはもったいない」と口にするのもうなずけた。

 持ち込まれた食材は客の好みも聞きつつ可能な限りアレンジする。乾燥納豆が和風グラタンに生まれ変わったこともある。

 心がけているのは、奇抜な創作料理にはせず、オムライスなどみんなに親しまれているメニューにすることだ。「あのときの、非常食で作ったオムライスがおいしかった」。防災の大切さを最も伝えたい子どもたちの記憶に残るように-。

     ◇

 価格は基本的にデザートが131円、それ以外は1070円。ディナータイム(午後5~10時、9時ラストオーダー)のみの提供で、前日までに要予約。

 月曜定休。ランチセットやオリジナルカレーがあるランチタイムは午前11時~午後3時(ラストオーダー)。TEL0798・65・3366

防災の最新

天気(4月9日)

  • 17℃
  • 8℃
  • 20%

  • 16℃
  • 2℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ