防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
関西学院大・西宮上ケ原キャンパス=西宮市上ケ原一番町
拡大
関西学院大・西宮上ケ原キャンパス=西宮市上ケ原一番町

 関西学院大災害復興制度研究所(兵庫県西宮市上ケ原一番町)は来年1月11~12日、復興・減災フォーラム「『震度7』が遺したもの~阪神・淡路大震災25年」を西宮上ケ原キャンパスの関西学院会館で開く。

 阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など、それぞれの被災地での経験と教訓を共有し、次代に伝えるのが狙い。

 11日は「『ボランティア元年』わが事にする」と題し、各地から社会福祉協議会の職員や復興支援に取り組むNPO法人の代表らを招き、約20人が円卓会議で地域復興の担い手や多様な支援態勢を話し合う。

 12日は宝塚市の中川智子市長が「今に続く1・17」をテーマに基調講演。同研究所主任研究員の野呂雅之教授が、災害に対する備えから生活再建まで切れ目のない被災者支援を実現する「被災者総合支援法案」について報告する。パネル討論「『人間復興』の実現に向けて」も予定する。

 両日とも午後1~5時半で参加無料。参加希望者は1月6日までに関学大災害復興制度研究所のホームページから申し込む。同研究所TEL0798・54・6996

(名倉あかり)

防災の最新

天気(4月9日)

  • 17℃
  • 8℃
  • 20%

  • 16℃
  • 2℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 30%

お知らせ