淡路

  • 印刷
再開した大観覧車から見下ろす淡路SA。駐車場の車は少なめ=淡路市岩屋
拡大
再開した大観覧車から見下ろす淡路SA。駐車場の車は少なめ=淡路市岩屋
検温を受けて入園する親子=淡路ファームパーク・イングランドの丘
拡大
検温を受けて入園する親子=淡路ファームパーク・イングランドの丘

 新型コロナウイルスの影響で休業していた兵庫県の淡路島内の観光施設が1日、次々と営業を再開した。平日で客足は少なかったが、従業員らは「施設の再開に合わせ、観光業界全体を盛り上げていきたい」と話す。

 営業時間を短縮して再開した南あわじ市の「淡路ファームパーク・イングランドの丘」には、約100人が足を運んだ。入場時の検温やマスク着用などを徹底し、動物との触れ合いは中止した。家族旅行で訪れた主婦(42)=京都市=は「自宅にこもりきりだったので、かわいい動物に癒やされた」と笑顔だった。

 観潮船を運航する「ジョイポート南淡路」では、6月末まで便数や乗船者数を制限。乗船は事前予約制で、この日は2回の運航で計15人が渦潮を楽しんだ。淡路人形座では2回公演があり、計5人が鑑賞。普段なら20~30人が訪れるといい、担当者は「早くお客さんが訪れるようになってほしい」とした。

 淡路市の淡路サービスエリア(SA)では、休業していた一部のレストランやお土産店が再開。下り線の名物、大観覧車も動きだし、検温を受けた親子連れら数十人が楽しんだ。運営会社は「しばらくは辛抱が続くだろうが、まずは動かすことができてほっとした」と話した。

 多くの観光施設が再開する中、「淡路ワールドパークONOKORO」は6月30日まで休園を延長する。清水浩嗣支配人は「第2波への不安もあり、慎重に見極めたい」と話した。(吉田みなみ、内田世紀)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

淡路の最新
もっと見る

天気(7月6日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

  • 29℃
  • 22℃
  • 70%

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 25℃
  • 22℃
  • 90%

お知らせ