淡路

  • 印刷
パスタとピザを手にする前田慎也さん=淡路市岩屋
拡大
パスタとピザを手にする前田慎也さん=淡路市岩屋
店内からは明石海峡が見渡せる=淡路市岩屋
拡大
店内からは明石海峡が見渡せる=淡路市岩屋

 兵庫県淡路市の人気観光施設「淡路ハイウェイオアシス」に、生パスタと窯焼きピザを提供する「Trepici(トレピチ)」がオープンした。淡路島産の小麦粉や野菜、卵などを使用。観光客はもちろん、“地元の人も普段から訪れたくなる店”を目指す。(吉田みなみ)

 同施設直結の神戸淡路鳴門自動車道「淡路北スマートインターチェンジ(IC)」の開通に合わせてオープン。これまで施設内の飲食店は和食中心だったが、運営会社が「洋食で手軽に食べられるものを」とパスタとピザを扱うことに。店はガラス張りで、料理を味わいながら明石海峡の眺望が楽しめる。

 メニューの監修と総合プロデュースは、「ミシュランガイド東京」で7年連続一つ星を獲得したシェフ前田慎也さん(46)。パスタはイタリア発祥の太麺「Pici(ピチ)」をモデルに、淡路島と北海道産の小麦粉をブレンドし、小麦の香りともちもちした食感を残した麺を開発した。ソースはクリーム、トマト、しょうゆの3種がベースで、「淡路どりそぼろとネギのキノコクリーム」(税込み1100円)、「淡路島産釜揚げシラスと鳴門ワカメ」(同1240円)など現在は10種類が楽しめる。

 ピザは「1人でもパスタと一緒に食べきれるように」と、直径約20センチの小さめサイズ。トマトとクリームソースで各3種類を用意し、季節ごとに新メニューを考案する予定だ。

 前田さんは「新ICの開通で足を運びやすくなる。何度でも訪れてほしい」と話す。

 営業時間は午前11時~午後3時、午後4時半~8時。水曜休み。淡路ハイウェイオアシスTEL0799・72・0220