淡路

時計2020/3/16 19:10神戸新聞NEXT

  • 印刷
雨上がりの空を彩る虹=16日午後3時58分、洲本市本町4から(撮影・田中靖浩)
拡大
雨上がりの空を彩る虹=16日午後3時58分、洲本市本町4から(撮影・田中靖浩)

 上空に真冬並みの寒気が流れ込んだ影響で16日、兵庫県の淡路島内は冷え込みが厳しくなった。

 日中も冬を思わせる空の色となり、時折しぐれ模様に。洲本市内では午後4時前、雨上がりの空に日が差すと、大浜海岸方向の空に鮮やかな虹が浮かび上がった。

 神戸地方気象台によると、この日の最低気温は洲本で3・3度、南淡2・9度、郡家4・8度。日中も10度を下回るところがほとんどだった。

 17日朝は放射冷却の影響でさらに冷え込み、洲本の最低気温は1・0度の見込み。日中は穏やかに晴れそうという。(荒川克明)

淡路の最新
もっと見る

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ