淡路

  • 印刷
色鮮やかなチューリップと園児たち=洲本市塩屋1
拡大
色鮮やかなチューリップと園児たち=洲本市塩屋1

 4品種約1万本のチューリップが冬の淡路島を彩る「冬咲きチューリップショー」が18日、兵庫県洲本市塩屋1の同市民広場で開幕した。家族連れらが訪れ、色鮮やかな花を楽しんだ。(吉田みなみ)

 冬咲きチューリップは、球根に特殊な処理をして、冬に花が咲くよう調整したもの。淡路島くにうみ協会が、阪神・淡路大震災の復興のシンボルにしようと2005年に始めた。冬にも花を見てもらい、「花の島」をPRする目的もある。

 今回は、赤の「ワールドフェボリット」▽ピンクの「ピンクフラッグ」▽紫の「パープルフラッグ」▽黄の「サニープリンス」-の4品種を並べた。

 18日にあったオープニングイベントでは、洲本こども園の園児25人による鼓隊演奏や、風船を空に放つバルーンリリースなどがあった。豚汁の振る舞いや、野菜の産直市、竹笛作りコーナーもにぎわいを見せた。

 2月下旬ごろまでが見ごろという。入場無料。

 同協会TEL0799・24・2001

淡路の最新
もっと見る

天気(2月20日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ