淡路

  • 印刷
「子ども110番の家」ののぼりを手にする加藤正隆会長と児童ら=南あわじ市賀集
「子ども110番の家」ののぼりを手にする加藤正隆会長と児童ら=南あわじ市賀集

 兵庫県南あわじ市の賀集地区で12月から、「子ども110番の家」ののぼりが地域の至るところに立っている。その数100本。昨年から今年にかけてつきまといや声掛けをする不審者情報が地区内であり、地域で子どもたちを守ろうと、住民らが発案した。子どもらに「いつでも駆け込んで」と呼び掛けている。(高田康夫)

 同地区では昨年末、塾帰りの女子児童が車の男に「チョコレートをあげるから車に乗り」と声を掛けられた。今年1月には、下校中の女子児童が自転車に乗った不審者に数百メートルつきまとわれたという。児童は近くの青果店に駆け込み、従業員が110番したため事なきを得た。

淡路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ