淡路

  • 印刷
年末の格闘技イベントに向け、練習に励む住村竜市朗=洲本市の大浜海岸
拡大
年末の格闘技イベントに向け、練習に励む住村竜市朗=洲本市の大浜海岸
チャンピオンベルトを肩に掛ける住村竜市朗=洲本市の大浜海岸
拡大
チャンピオンベルトを肩に掛ける住村竜市朗=洲本市の大浜海岸

 兵庫県淡路市スポーツ親善大使で格闘技団体「DEEP(ディープ)」ウエルター級王者の住村竜市朗(33)が、年末恒例の格闘技イベント「RIZIN(ライジン)」に出場する。昨年8月のライジン初参戦では惜しくも敗れたが、けがの治療を経て再び訪れたチャンス。「大舞台での負けが自分を変えた。次は必ず勝って淡路島に恩返しをする」と雪辱を誓う。

 淡路市の志筑小学校でサッカーを始め、一宮中学では県8強に貢献。淡路高校でも続けたが、痛めた腰の強化をきっかけに肉体改造に取り組むようになった。卒業後、パンチやキックなどの打撃や寝技、関節技などを駆使する総合格闘技を開始。24歳でプロとなった。

 2015年に旗揚げされたライジンは、国内で最も人気の高い格闘技イベント。国内外の団体からトップクラスの選手が集い、実力を競う。今年は12月29日と大みそかに、さいたまスーパーアリーナで大会を組み、住村は29日に出場する。

 昨年の敗戦後に右ひざ靱帯を手術し、1年以上のブランクを乗り越え今年10月に再起。有力選手を相手に一本勝ちを収めたことから、ライジンへの出場が認められた。相手はグアム出身のジョン・タック。米国最高峰の団体「UFC」にも籍を置いた実力者で、現在は元女子レスリング世界王者の格闘家、山本美優らのチームで練習に励む。

 「厳しい戦いになるだろうが、いい勝ち方をすれば大みそかのテレビ放送で紹介される可能性が高い」と住村。「年末のライジンは日本の格闘技の頂点。中心選手として認められるよう、必ず結果を出す」と闘志を燃やす。(内田世紀)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ