淡路

  • 印刷
志筑小の児童らの作品が法務大臣賞に輝いたアジア国際子ども映画祭=南あわじ市文化体育館
拡大
志筑小の児童らの作品が法務大臣賞に輝いたアジア国際子ども映画祭=南あわじ市文化体育館
名誉会長の杉良太郎さんと、豪華なゲストのメンバー=南あわじ市文化体育館
拡大
名誉会長の杉良太郎さんと、豪華なゲストのメンバー=南あわじ市文化体育館
「カメラを止めるな」でブレークしたしゅはまはるみさん(右)とEXILEのATSUSHIさん=南あわじ市文化体育館
拡大
「カメラを止めるな」でブレークしたしゅはまはるみさん(右)とEXILEのATSUSHIさん=南あわじ市文化体育館
コロッケさん(左)と石田純一さん=南あわじ市文化体育館
拡大
コロッケさん(左)と石田純一さん=南あわじ市文化体育館
舞台であいさつするNMB48の白間美瑠さん=南あわじ市文化体育館
拡大
舞台であいさつするNMB48の白間美瑠さん=南あわじ市文化体育館

 アジアの子どもたちが制作した映像作品を上映する「第13回アジア国際子ども映画祭」(神戸新聞社など後援)が7日、兵庫県南あわじ市文化体育館であった。本選大会が同市で開かれるのは5年ぶりで、国内から24作品、海外15カ国から45作品の計69作品がノミネート。人気歌手や俳優がプレゼンターを務め、感性が光る映像を作った子どもらの成長にエールを送った。

 子どもたちが制作した映像を通じて、子どもたちの内面を理解し、国際交流を深めるなどしてもらおうと、俳優の杉良太郎さんが名誉会長を務める実行委が主催する。同市では関西・四国ブロック大会を毎年開き、2011~14年には本選大会も開いてきた。

 この日はEXILEのATSUSHIさんや石田純一さん、コロッケさんらがゲストとして登場。「迷惑をかけることとは?」をテーマにノミネートされた映像のうち、入賞、優秀賞、各大臣賞、杉良太郎特別賞に選ばれた計13作品が上映された。

 同特別賞に選ばれたのは、少年矯正施設「希望寮」の少年ら10人が作った「端から見た僕」。歩きながらスマートフォンをして、ぶつかってきた人を追いかけると自分自身だった、という物語。顔を出せないため、仮面を付けて演じる少年ら。最後に映し出したメッセージ「客観視できてますか」との言葉が響いた。

 島内からも志筑小の児童らが作った「海のかんきょうストーリー」が法務大臣賞に輝き、児童らが壇上で喜びを語った。(高田康夫)

淡路の最新
もっと見る

天気(1月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ