淡路

  • 印刷
記者発表で笑顔を見せる(右から)村上二郎さん、ChizuRuさん、藤本幸司さん=洲本市海岸通1
拡大
記者発表で笑顔を見せる(右から)村上二郎さん、ChizuRuさん、藤本幸司さん=洲本市海岸通1

 淡路島内の高齢者施設などを訪問し、歌で癒やしを届けている夫婦デュオと、東京の音楽プロデューサーらが、島内各地で撮影したミュージックビデオを製作すると発表した。曲は、デュオの代表曲「ふるさと淡路島小唄」を新しく編曲したもの。若い世代にも親しまれるよう振り付けもでき上がり、島内の観光名所や風景を織り交ぜた映像に仕上げるという。(上田勇紀)

 デュオは、兵庫県淡路市出身の歌手ChizuRu(チヅル)さんと、夫でギタリストの村上二郎さん(59)=いずれも神戸市須磨区在住。2015年、ChizuRuさんが作詞作曲した「ふるさと淡路島小唄」を発表。「春を告げる名産品 ひとたび香れば ふるさとに 思いをはせる いかなごの くぎ煮の味は いつまでも 心に残る 思い出の味」など、島の食や祭りが歌詞に盛り込まれている。

 さらに島内外に知ってもらい、親しんでもらおうと、2人は今年6月、音楽プロデューサー藤本幸司さん(52)に相談。淡路島フィルムオフィス(洲本市)も協力し、来年5月の完成を目指して動きだした。

 歌詞とメロディーはそのままに、リズミカルな曲調に編曲。島内の人たちに協力を依頼し、約200人を募って撮影したいという。地場産業の線香、名産のタマネギやそうめん作りに携わる人たちの映像も入れ、5分以内にまとめるアイデアが出ている。

 ChizuRuさんは「昔に比べると、商店街が閉まっていたりもするけど、変わらない温かさがある。多くの人に島の良さを知ってもらいたい」。村上さんは「何十年先まで愛してもらえるような作品にしたい」とほほ笑む。藤本さんは「新しい淡路島のスタンダードにしたい」と自信を見せた。完成したものは動画投稿サイト「ユーチューブ」などで公開を予定している。

 既にユーチューブで「ちょいと淡路島」という番組を立ち上げ、振り付けなどを公開している。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 13℃
  • 2℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ