淡路

  • 印刷
「市特別職報酬等審議会」の会合=南あわじ市役所
拡大
「市特別職報酬等審議会」の会合=南あわじ市役所

 兵庫県南あわじ市の市長や議員らの報酬を審議する「市特別職報酬等審議会」の会合が21日までに計4回開かれ、市長や議員、各種審議会委員らの給与額、報酬を据え置く答申案をまとめた。減額の答申を出した前回から9年間も市長が諮問せず、審議会の会合は開かれていなかった。(高田康夫)

 同審議会は市長の諮問に応じて給与や報酬額を審議する。同市では2005年の行政合併時に審議されたほか、10年には市長、副市長、教育長の給与月額、議員の報酬の減額を答申。同市は答申に従って減額した。14年12月の条例改正で、審議会が常設されたものの、市長は諮問せず、一度も会合を開かないまま委員は任期を終える状況が続いていた。

 今年7月2日、9年ぶりに守本憲弘市長が諮問。10月21日までに計4回の会合を開き、洲本市や淡路市、県内外の類似自治体などと比較しながら金額が適正か議論してきた。

 結果、市長、副市長、教育長、議員、各種審議会委員とも「現行額に据え置くことが妥当」と答申案をまとめた。付帯意見として「常に他市の動向や社会情勢を反映させ、市民に対して明確にしていくことが重要」とし、2年に1回の諮問を求める。11月に答申する予定。

淡路の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ