淡路

  • 印刷
ヤエザクラを植樹するロシア人訪問団員ら=洲本市五色町都志
拡大
ヤエザクラを植樹するロシア人訪問団員ら=洲本市五色町都志

 北方四島との交流事業(ビザなし交流)で兵庫県を訪れているロシア人約50人が5日、ウェルネスパーク五色の高田屋顕彰館(兵庫県洲本市五色町都志)を訪れた。ヤエザクラの記念植樹をし、日露友好に尽力した江戸時代の豪商・高田屋嘉兵衛について学んだ。

 ビザなし交流は、北方領土問題解決の環境整備を目的に、独立行政法人・北方領土問題対策協会が1992年度から実施。淡路島への訪問は3回目となった。

 一行は、ウェルネスパーク五色にある「日露友好の像」のそばで、ヤエザクラ1本を植樹。顕彰館内を見学した。「ゴローニン事件」で日露間を仲介し、解決に導いた高田屋嘉兵衛を紹介した映像や、北前船の模型を見て理解を深めた。

 クドレフスカヤ・ナジェジダ・アレクセエヴナ団長(54)は「団員のうち、26人が初訪問。新しいことをたくさん知れたと思う」と話した。

 一行は7日まで兵庫県内に滞在。神戸市などで住民と交流する。(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(11月22日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 30%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ