淡路

  • 印刷
(左)堀端筋商店街の一角にある像、(右)民家の庭に立つ白くて丸い像
拡大
(左)堀端筋商店街の一角にある像、(右)民家の庭に立つ白くて丸い像

 洲本高校(兵庫県洲本市)で取材を終えて校門を出ると、民家の庭に白くて丸い像がある。「あれ、どこかで見た記憶が…」。

 所有者は黒田敏夫さん(90)。洲本市で1890年から続く印刷会社の3代目だ。像は創業100年を記念し、同校定時制の卒業生で芸術家の故山口昌俔(まさみ)さんから購入した。像の形は「無限」を表し、会社が長く続くよう願いを込めたという。

 「あっ 思い出した」。少し汚れてはいるが、色も形も同じ像が、神戸新聞淡路総局から徒歩30秒の堀端筋商店街の一角(同市本町4)にある(左)。こちらは1987年ごろ、同商店街が買い入れたものらしい。どうりで見覚えがあるわけだ。印刷会社も商店街も末永くにぎわうといいな。(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 70%

  • 14℃
  • 2℃
  • 80%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 4℃
  • 70%

お知らせ