淡路

  • 印刷
真剣な表情でサワラを刺し身にする児童ら=鳥飼小学校
真剣な表情でサワラを刺し身にする児童ら=鳥飼小学校

 兵庫県洲本市五色地域で伝統食材として親しまれるサワラについての食育授業が29日、同市立鳥飼小学校であった。5年生16人が、地元の漁師らからサワラ漁や生食文化について学び、自分たちの手で刺し身にして味わった。

 サワラをPRする「淡路島サワラ食文化推進協議会」が主催。一般的には火を入れて食べることの多い魚だが、同地域では漁が盛んで、新鮮なサワラを刺し身やタタキにして生で食べる習慣がある。

淡路の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ