淡路

  • 印刷
洲本市のアンテナショップが入居するビル=東京都千代田区有楽町(洲本市提供)
拡大
洲本市のアンテナショップが入居するビル=東京都千代田区有楽町(洲本市提供)

 兵庫県洲本市が魅力発信に向けて今年1月、東京・有楽町に開設したアンテナショップが、今月13日から営業を休止していることが分かった。市は、運営を委託した第三セクター「淡路島第一次産業振興公社」の人員不足などが要因と説明。同公社との契約を解除した。今後、新たな運営事業者を探してリニューアルオープンする考えだが、再開の時期は決まっていない。(上田勇紀)

 アンテナショップは「スモトのおべんと」。首都圏で好調なふるさと納税などを背景に、JR有楽町駅から徒歩3分の「東宝ツインタワービル」内に設けた。ショップの面積は約330平方メートルで、市町村のアンテナショップとしては最大級を誇り、1月23日にオープン。弁当や特産品を販売し、移住にもつなげようとしていた。

 だが、わずか4カ月足らずで休止する事態に。市は「淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)」(洲本市)を運営する同公社に委託してきたが、事業に対して人員が足りないなど、「さまざまな要因があり、互いに話をした上で契約解除に至った」と説明する。休止中も賃料を支払う必要があるという。

 ショップが入るのは、もともと12月末までの期限付きで、その後は首都圏で継続する予定としていた。

 市は本年度、企画情報部魅力創生課に「魅力発信係」を新設し、ショップの発信を強化していた。市は「6月下旬を目指し、魅力を高めて再開させたい」とする。

淡路の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 28℃
  • 23℃
  • 40%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 31℃
  • 23℃
  • 10%

お知らせ