淡路

  • 印刷
自分の将来について意見交換する女子生徒ら=関西看護医療大学
拡大
自分の将来について意見交換する女子生徒ら=関西看護医療大学

 淡路島内6高校の女子生徒が将来の夢などを語る「島内女子高校生によるユース・フォーラム」が11日、兵庫県淡路市志筑の関西看護医療大学で開かれた。「20年後のあなたと対話する」をテーマに、各校から計6人が参加。保育士や看護師、弁護士や接客業といった目標を発表し、活発に意見を交わした。(吉田みなみ)

 女性の地位向上などのため、島内の女性31人が集まる「国際ソロプチミスト淡路」が、2年に1回開く。

 生徒は一人ずつ演台に立ち、将来なりたい職業や大人への提言を発表。洲本高校2年の岡本玲倭璃さん(16)は「大人の女性は困難にぶつかった時、次世代のためにも妥協せずに声を上げ、改善する努力をしてほしい」と呼び掛けた。

 続いて、パネルディスカッションへ。「理想の自分に近づくために頑張りたいことは何か」という質問には、「接客業に必要なマナーを学ぶため、秘書検定で資格を取りたい」「保育士になるために、子どもと接するボランティアをしたい」などと答えていた。

 審査の結果、保育士になるのが夢で、将来設計や女性の社会進出について発表した淡路高校2年、廣田結菜さん(16)が最優秀賞に選ばれた。廣田さんは淡路代表として、7月に神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)で行われるフォーラムに参加する。

淡路の最新
もっと見る

天気(9月18日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ