淡路

  • 印刷
昨年のうみぞら映画祭の様子(実行委員会提供)
拡大
昨年のうみぞら映画祭の様子(実行委員会提供)

 海上に浮かぶようにセットされた巨大スクリーンで映画を楽しむ「うみぞら映画祭2019」(神戸新聞社など後援)が25、26日、兵庫県洲本市の大浜海水浴場など3会場で開かれる。潮風と波音に包まれながら名作を鑑賞し、島のグルメも楽しめる。

 「海の映画館をつくろうプロジェクト実行委員会」の主催で、今年で4回目。会場は、大浜海水浴場(洲本市海岸通1)▽洲本市文化体育館(同市塩屋1)▽映画館「洲本オリオン」(同市本町5)-の3カ所。

 メイン会場の大浜海水浴場では縦約5メートル、横約9メートルのスクリーンをクレーンでつり下げ、両日とも午後7時から「ダンボ」、同9時半から「ボヘミアン・ラプソディ」を上映する。今年から椅子に座って鑑賞できる指定席エリアを設けた。グルメや雑貨、アクセサリーなど約20店舗が集まるナイトマーケットもある。

 ほかの2会場では、淡路島でロケが行われた「時代おくれ」「あの空の向こうに」「あったまら銭湯」を上映する。

 チケットは1日共通券(メイン会場は1作品のみ)で大人2千円、高校生以下千円、未就学児無料。チケットは映画祭公式ホームページやコンビニ、島内のチケット販売協力店で購入できる。荒天時は中止。実行委TEL0799・73・6310

(吉田みなみ)

淡路の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ