淡路

  • 印刷
捕まえた昆虫を1匹ずつビニール袋に入れて分類する参加者=洲本市五色町都志大日、五色県民健康村トレーニングセンター
捕まえた昆虫を1匹ずつビニール袋に入れて分類する参加者=洲本市五色町都志大日、五色県民健康村トレーニングセンター

 昆虫採集を通して地元の自然に親しむ「昆虫大捜査線」が4日、兵庫県洲本市の五色県民健康村トレーニングセンターであり、親子連れら約170人が参加した。

 同市教委などでつくる実行委が企画する「すもとっ子MANABIプロジェクト」の一環で、昨夏に続き2回目。県立人と自然の博物館(三田市)主任研究員で「昆虫博士」こと八木剛さんを講師に迎え、参加者は虫の捕まえ方などを学んだ後、網と虫かごを手に田んぼ脇や川沿い、山中を“捜索”し、チョウやトンボ、バッタなどを次々と捕まえていった。

淡路の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ