淡路

  • 印刷
震災や地元の民話など地域性のあるステージを目指す建部礼子さん=洲本市
拡大
震災や地元の民話など地域性のあるステージを目指す建部礼子さん=洲本市

 絵本の世界と音楽を融合させたコンサート「Meet the Music(ミート・ザ・ミュージック)」が5月19日、兵庫県洲本市塩屋1の同市文化体育館で開かれる。15回目となる今回は、子どもたちに阪神・淡路大震災に関する曲を紹介しようとオリジナルの絵本を制作。ほかに「淡路島らしさ」をテーマに、郷土の民話や海の生き物が登場する絵本など計4作品の世界観を作り上げる。(吉田みなみ)

 広く音楽に触れてもらおうと、同市のピアノ講師建部礼子さん(42)ら実行委員会が毎年企画。絵をスライド上映しながら朗読し、演奏や歌で臨場感を演出する。

 最初の演目は、オリジナル絵本「しあわせのおと」。震災を機に生まれた合唱曲「しあわせ運べるように」をピアノで弾きたい少女が、楽譜から飛び出したキャラクターの力を借り、苦手な指使いを克服していく物語。絵本作者でイラストレーターのtaemiさんによるライブペイントもある。

 ほかにも、洲本市の民話『しばえもん』や『スイミー』、『海を見たくま』を上演。女声アンサンブルやティンパニ、フルートなどの音色が、会場を絵本の世界へといざなう。

 建部さんは「ホールいっぱいに広がる絵本の世界を体感してほしい」と意気込む。

 午後2時開演。大人千円(当日1500円)、3歳~高校生500円(同千円)。2歳以下は入場できない。チケットは同体育館などで販売。

淡路の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ