淡路

  • 印刷
晴れ晴れとした表情で、だんじりを担ぐ人たち=洲本市五色町都志大宮
晴れ晴れとした表情で、だんじりを担ぐ人たち=洲本市五色町都志大宮

 春本番の暖かさとなった7日、兵庫県の淡路島内各地で春祭りがあった。住民らが、郷土への誇りを胸に威勢の良い掛け声を響かせ、みこしやだんじりを担いだ。(上田勇紀、吉田みなみ)

 同県洲本市五色町都志大宮、都志八幡神社の春の例大祭では、舟みこし2基とだんじり4基が順番に宮入りした。担ぎ手の男たちが「いろはにほへと」などの掛け声を出し、見事に差し上げた。都志小学校の児童も歌って盛り上げた。

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ