淡路

  • 印刷
満開の菜の花の上を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼり。川沿いのソメイヨシノの開花はもうすぐ=洲本市五色町下堺
拡大
満開の菜の花の上を気持ちよさそうに泳ぐこいのぼり。川沿いのソメイヨシノの開花はもうすぐ=洲本市五色町下堺

 サクラ並木と一面の菜の花、そして大空を悠々と泳ぐこいのぼりが一度に楽しめる「春ランマンフェスタ IN堺」が7日、兵庫県洲本市五色町下堺の「みたから公園」周辺で開かれる。このほど、住民約30人が川沿いにこいのぼり20匹を揚げ、春本番の雰囲気を盛り上げた。

 まちおこしグループ「堺活性化委員会」が1995年、川沿いなどにソメイヨシノ20本を植樹。10年ほど前から休耕田で菜の花の栽培も始め、毎年この時期に手作りイベントを開催している。

 メンバーは川の上空に約70メートルのワイヤを張り、堺地区で集めた色とりどりのこいのぼりを手際よくつるした。サクラのつぼみはまだ堅いが、菜の花は見頃で、黄色いじゅうたんの上を、風をはらんだ20匹が気持ちよさそうに泳いだ。地区内の子どもの名前を書いたちょうちん200個も飾られ、催しの準備が着々と進んだ。

 7日午前10時~午後2時、雨天中止。先着300人に菜の花の天ぷらなどが振る舞われるほか、野菜の販売などがある。同委員会の藤野文一会長(68)は「今週末にはサクラも見頃を迎えるはず。春の風物詩を三つも楽しめるフェスタに、ぜひ地区外からも足を運んで」と話している。(荒川克明)

淡路の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 30℃
  • 22℃
  • 0%

  • 35℃
  • 16℃
  • 0%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 35℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ